個人では大変な手続き

握手

時間がかかる

借金問題を早期に解決して生活が安定するようにしたい、そこで債務整理を行います。誰もが早めに借金問題を解決したいとは思うのですが、個人再生を選択すると早期に解決するのは難しいです。債務整理の中でも任意整理や自己破産の手続き以上に時間がかかるのです。平均的な手続き期間ですが、裁判所に申し立てをしてから再生案が認可されるまで6か月はかかるとされます。さらに、弁護士や司法書士に依頼をすると依頼から申し立てをするまで1ヶ月〜2ヶ月はかかるので、そこから半年以上はかかることになります。それでれば、自分で個人再生をしようと考える人がいるのですが、その方が専門家費用が浮くので安価に行うことができます。手続きでは、再生計画案を提出する必要があります。この再生計画案で裁判所や債権者を納得させる必要があります。小規模個人再生を選択する場合、債権者の一定数の同意が得られないと再生案が認可されないのです。また、裁判所からはあらゆる指示が出され、それに応じて書類を作成し期限まで提出することが求められます。期限まで提出できなければ一から手続きをやり直さなければならないのです。再生案に債権者が不服であれば、裁判所でやりとりをしなければならないので手続きには手間と時間がかかってしまいます。そのため個人再生は弁護士に依頼するのがおすすめです。費用はかかるといっても個人再生に関わる手続きは、代行してもらうことができます。