本

借金を大幅に減額できる

返済不可能な借金があると毎日お金で悩まされることになります。自己破産に踏み切れなく悩んでいる人は個人再生という方法もあります。住宅や車などの財産を残すことも可能で、債務は最大9割減額できるので無理なく返済ができます。

男性

借金で苦しんでいる人へ

住宅ローンを返しながらなんとか借金を返済したい。ギャンブルでできた借金は自己破産できないけど何とかしたい。このような無理難題のような借金問題でも個人再生なら解決することができます。

握手

個人では大変な手続き

個人再生は自分で行うにはとても手間と時間がかかる手続きです。再生計画案を提出しなければなりませんが、それを裁判所や債権者が納得いかなければ手続きは廃止されるデメリットがあります。とても手間のかかる手続きなので弁護士に依頼するのが最適です。

男性

基本的な流れ

個人再生は現在の職業や負債額によって申請する種類が違います。アルバイトなどでも申請する事ができるのっが小規模個人再生になります。しかしこの場合には債務者の同意が半数以上必要になります。給与所得者等再生の場合には安定した収入がある職業に就いている必要がありますが、債務者の同意は必要ありません。

天秤

2つの手続きの違い

個人再生の最大のメリットは借金の大幅な減額ができる事です。しかし個人再生を行う事でブラックリストに載ってしまうのでクレジットカードの再生とローンを組む事ができなくなるデメリットもあります。メリットとデメリットを把握してから手続きを行いましょう。

財産を失わなくて済む

説明

自己破産をしたくない方

借金がかさんでしまって自分の力ではどうすることもできない人は弁護士に相談をすることです。債務整理をすることによって借金の負担を減らすことができます。債務整理で多く用いられている任意整理であれば、裁判所に行かなくてもよく、債権者である貸金業者とも直接話すこともないので、安心して手続きができます。しかし、任意整理ではどうにもならないことがあります。貸金業者からお金を借り始めたのが、2008年前後以降からであると、取引期間が長くても過払い金が発生していないので減額交渉するには根拠が乏しいのです。今後金利がかからないようにしてくれるといても、その借金を3年〜5年以内に完済できなければならないのです。だからといって自己破産をすると家や車など財産を失ってしまいます。そこで個人再生です。個人再生の手続きであれば、借金が約5分の1と大幅に減額することができ、自己破産のように財産を失わなくても済むため生活再建を容易にできます。個人再生で生活再建ができるとはいえ、裁判所に通わなければならない手続きです。裁判所に行くと個人再生委員と面談をすることになりますが、その委員はあくまで中立的な立場なので申立者の味方ではないのです。再生案などを監督するだけの立場になります。面談が怖い、そもそも裁判所に行く時間が無い人は、弁護士に依頼をすることです。無料で相談を受け付けていますので、書類の作成から手続き、出廷など代行してもらうことができます。